黄砂の恐怖

大陸から舞い降りる黄砂は、花粉より粒子が小さいため、簡単に肺に入り、気管喘息や内臓疾患を引き起こす可能性もある、と専門機関の研究者が警告を発しております。

黄砂の成分は、つよいアルカリ性を示し、ことのほか問題なのは、「1~2ミクロン」の粒子の細かさにあります。当然皮膚に付着すると毛穴や角質を開き、体内に侵入し、アレルギーを引き起こす花粉の侵入さえも誘発させてしまいます。

ここで頑張らなければいけないのは、肌のお手入れです。

***スキンケア対策に*弱酸性ケア+抗アレルギーケア***
1」ローズプランローション***効果*トりプターゼ抑制、抗アレルギー
2」フルーツ酸エッセンス+セラミドエッセンス***効果*弱酸性PH3・5+角質バリア形成

必ず答えの出る組み合わせです。お試し下さいね。
毎日の予防が何よりも貴方の味方です。