映画話題作「一命」。。。すごいー!!

見てまいりました.。。。海老蔵さん。。。。

この「一命」は、まぎれもなく彼の代表作となること。。間違いなし

と予感させる立ち回り。。今まで見たことのない愛情あふれる

あの大きなまなざし。。

ストーリは、いたって、重く、見終わった観客のどことなく、やり切れぬ

思いの空気が館内に静かに流れていた様な気が致しました。

この作品のクランクインは、今回の震災前だったのでしょうか?

あの千年に一度の震災この目で見させられた今。。。。私自身の

中にも。。。今まで何気に過ごしていた時間までがいとうしく。。

今、過ごしている時を大切に。。。。。。この「私と言う一度の命」を

もったいなく生き切ろうでは、ないかと気づきかけた私とっても、この

作品は、あまりにもせつなく。「怒りと無情」の衝撃が心に染みた作品でした。

人が映像で伝えられる限界まで、追い込んだ物語をご自分の人生観まで、変えられてしまったがごとくの

迫真の演技で、演じる。。。。市川海老蔵さん

今の社会に、この作品が心の一石を投じるのではなか。。

人の生きざままで、変えて終うのでは無いかと。。。思いたくなる。。。。

なぜ?この作品が今なのか?そして、なぜ演者が彼なのか?

この答えは、今後の海老様の活躍が、歌舞伎界の枠を超え教えてくれるのではないかと

思いたくなる私内海でした。

 追伸

人間の極限の「生きる」と人間の狂言的「たてまえ」の狭間でもがき

超越する心美学に圧倒された映像を皆さん心してご覧くださいね。