「感染列島」パート3

今日、映画のご紹介をさせて頂きましたところ、小学校で、教壇を取られているお客様より、
「この作品は、一般公開前に、医療従事者の方や、ドクターがご覧になり、リサーチのレベルが優れていると高い評価得た映画なんですよ。」
と聞かせて頂きました。

そうなんだと思うとよけいに、恐怖心が襲って参りました。

2011年を予測した内容で、展開するストーリは、今現在の現実に、起きている現状とが、まるで、つじつまの合うことにさらに、驚くばかりです。

この偶然を必然と考えると、今、何を気付き、考え、行動を起こさなければいけないか?

一人ひとりが抱える責任は、重く、先進国のトップを歩んで、来た日本がこの難問にどう、乗り越えて見せなければ、いけないか?

自信の魂を奮い立て、取り組む勇気に、一歩、皆さんで、踏み出してはみませんか?