日焼けのお助けマン。。それはフルボ酸

今日は、日焼け対策とフルボ酸。。。

私内海は、南国徳島出身で、子供のころより強い日差しを浴び育ちました。

「紫外線と肌の研究」で第一人者の一橋先生によると。。。。

3歳までに浴びた紫外線量が人の肌にとって重要な目安で、後日大人になってからの

お手入れは、かなり苦戦すると。。。講義を受けました。。。絶句。。。。

みなさんもショックでしよう?。。。この高いホワイトニングパックは無駄なの?と悩みますね。。

大丈夫。。そこでフルボ酸のお出番です。

確かに理想的なケアは、出来るだけ紫外線を浴びないこと。でも。。。3歳前にもどってやり直すこと

は無理な話。。今現実に出来る事は、日焼けをしてしまった後のパーフェクトなお手入れの効果的な

方法を知ること。。

まずは、日焼けは、火傷なんだしるべし

1」すばやくしっかりよく冷やす。

2」皮膚表面の熱が冷めたら次は、表面免疫が落ちていることを知る

3」殺菌力がありながら保湿と栄養を同時で補える「フルボ酸」でシップ

4」ほてりが治まるまでこまめにシップ「フルボ酸スパッシュ」

シップ方法。。。紙タオルに浸し箇所を覆い乾燥を防ぐためビニールラップで巻く

          顔などは、市販のマスクに浸し同じくラップをかぶせる

5」ほてりが冷めたところで空気に触れると痛みが増し皮膚感染が起きやすい

ので油分で「ビーバンジョァのセラミドクリーム」人口皮膜を作り保護する。

 

 

サーァみなさん。。。お試しあれ。。南国育ちの私もくじけずに。。日焼けケアがんばりまーす。