本気の紫外線対策は、お任せ下さい。

皆さんの一番知りたい紫外線対策の中でUVクリームの選び方 

を教えてほしいのお声にお答えいたします。

まずSPF50とか30の数字について、****紫外線B波から守る強さだと一般的に知られておりますが国によって、SPF基準は、異なり皮膚癌が、多発しているオーストラリアでさえSPFは、30まで、とされUSAも同じ基準の30とされております。

なぜなら?紫外線から遮断すると言うことは、かなりの有害「ジメチコン。シクロメチコン」を代表

とするシリコン剤を乱用して、UVクリームを作らなければ成らないことが多いからです。

数字が多い30より50のほうが皮膚を傷めるあとのリスクを考えて、あのオーストラリア。アメリカでさえSPFは、30どまりなのです。ところが日本は、どうでしょう?

オゾンホールよりかなり離れた位置なのにも関わらず、SPFは、50を上限にかくメーカ

が競ってSPF50PA+++に走っております。国内大手のS社A化粧品のシリコン剤は何と7種類に渡って使用されこれでは、皮膚呼吸の妨げに成りうる危険大いにあり連続使用のリスクはかなりの物と想像すると怖くなります。「専用クレンジングで対応せてはおりますがこれもまた肌の負担は、大きいです。」

先日TVで、カリスマ美容家のサエキチズさんもこの事に触れ安全なUVの使用法を語っていらっしゃいました。弱いもの強いものを賢く使い分けることがとても大事とのこと

先日パートナにネットショップをご覧になったお客様よお電話を頂き***〔パートナの推すめのビーバンジョアUVになぜ?SPFやPAの数字が書かれていないの?}****

とのご質問を頂きました。 

お答えいたします。***ビーバンジョアUVクリームは、SPFまたはPAなどに値する肌への負担数字を持っていないこと。そして、UVクリームその物すべてが特許商品であるイエローチタンで作られている。「肌を傷つける素材が全くはいっていない」

イエローチタンそのもの自体が特異性を持つ紫外線カット剤である。無害で、安全なUVの存在は、一般的に語られることが少なく、各化粧品メカーか「酸化チタン」をわずかに入れる位で、貴重鉱物でイエローチタンは、徳島県の富田製薬が所有する特許で、守られ「安全で安心。確かな効果」を提供することに使命を待っているビーバンジョア社のみに原料提供されて下ります。「貴重鉱物をUVに導入」

ピアスで、金属かぶれを起こす方「18金。銀。プラチナ」にも最後の砦にチタンは使用され

元々チタン素材がイエローで出来ているチタンは、珍品中の珍品****

無害で、紫外線を99パーセントカットする効果を持つイエローチタンで作られたUVだからSPFもPAも表示基準の義務を提示する事がないので、ビーバンジョアのUVクリームに書かれないのです。

これだけ紫外線の情報が飛び交う中より安全で安心なケアーの提案を出来るサロン作りに29年目を迎えることが出来たのもお頼り頂くお客さまのお声がパートナのエネルギーに成っているからだと確信いたしております。TVショップやネットショップなどの販売が急成長する中、「手から手に」を合言葉に「本物のお手入れ」を届けられる幸せをスタッフ一同感じる毎日です。

これからのお手入れに紫外線話は、欠かせない話題ですが、高価な金額の価格に見合うご使用方法をパートナ独自のご提案をさせて頂けることに全力投球致します。ご来店の折「お気楽に、こんな事聞けない」と思わず何なりとお尋ね下さい。パートナスタッフは、皆、話好きで*******す。「オーナが一番おしゃべり」